ビーグレンってどう? » PG

PG

プロピレングリコールの略称。 化粧品に使用されるアルコール類の中でも比較的分子量が小さく、軽いさっぱりとした感触である。 水になじむ水酸基があり、保湿性を持つ液状の水溶性基剤であるため、皮膚への浸透性がよく、乾燥から肌や髪を守る目的で多くの化粧品に使われる。 その反面、油も溶かす性質があるため、多量に用いたり長期間使い続けると、個人差もあるが皮脂に影響を与え、かえって肌荒れを起こす人もいる。 しかし、低用量では生物への毒性が低く、注射剤・内服薬・外用薬の溶解補助剤などの医薬品としても用いられている。 また、微生物の繁殖を抑える抗菌作用もあり、多くの製品に防腐性を高めるためにも利用される。

口コミ・コメントを投稿する