ビーグレンってどう? » リノール酸

リノール酸

サフラワー油、ヒマワリ油、大豆油、綿実油、ゴマ油、月見草油などの食物油から抽出してつくられた液状の脂肪酸です。 必須脂肪酸の一つで酸化されやすい性質をもっています。 リノール酸は、体内からの摂取が必要な必須脂肪酸のひとつです。 油脂類のほかに松の実、ゴマ、ピーナッツ、アーモンド高野豆腐などにも含まれている。リノール酸は、石鹸や乳化剤などの製造に用いられる。 また、肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用など肌に良い性質を持つことから、化粧品にも使われている。 角質層の細胞間脂質の主成分セラミドの構成成分で、角質からの水分蒸発や皮膚の老化、角化症などを防ぐ働きがある。 肌へのなじみがひじょうに良い成分だが、空気中では酸化されやすく、濃度を高くして使う場合は刺激があるので、他のオイルと組み合わせてクリームや乳液に配合されいる。

口コミ・コメントを投稿する