ビーグレンってどう? » メチルパラベン

メチルパラベン

パラオオキシ安息香酸と様々なアルコール類とのエステル化合物類で、通称パラベンと呼ばれている無色か白色の結晶性の粉末です。 化粧品の品質を守るための防腐剤として一般的に使われている。 広範囲の微生物の繁殖を防ぐ効果がある。 抗菌活性はパラベンの種類の中でもっとも弱いが、皮膚への刺激が少ないという理由から、もっとも多く化粧品に利用されている。 溶解性がエステルの種類によって異なるので、化粧品の処方に合わせて配合される。配合量は1%までに規制され安全性の高い防腐剤である。

口コミ・コメントを投稿する