ビーグレンってどう? » トリグリセリル

トリグリセリル

非イオン性界面活性剤のエステル系の油性原料である。 カプリル酸及びカプリン酸とグリセリンのトリエステルである保護剤。 ヤシ油から得られるカプリル酸・カプリン酸とグリセリンが結合したもので、皮膚をなめらかにしたり、うるおいを保つ働きがある。 ヤシなどから得られる油を改良したものなので、刺激がなく、医薬品にも長い間利用されています。 天然油脂に比べて酸化安定性に優れ、粘性が低く融点が体温に近いので、よく延びて感触が滑らか。 他の原料との相溶性が良く、各種化粧品や軟膏のエモリエント性(皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせる効果)に優れ、化粧品の油性基剤や軟膏にも幅広く使用される。 脂肪酸とグリセリンから成るトリグリセライドである。 製品の品質を安定させる、酸化しにくい油脂です。

口コミ・コメントを投稿する