ビーグレンってどう? » ダイズステロール

ダイズステロール

ダイズステロールとは、大豆(ダイズ)から得られる植物ステロール(フィトステロール)の事。 植物ステロール(フィトステロール)は特有の臭気のある白色固体で、水に溶けないがアルコールには可溶である。コレステロールの植物版といえる。 植物ステロールは大豆だけに限らず、他の野菜や、ナッツ類、ゴマなどからも取ることができる。 食品添加物、医薬品、あるいは化粧品として多様な用途を持つ。 主成分であるβ-シトステロールは、構造・肌への効果がコレステロールに似ているため、コレステロールの代用として使用されている。油脂成分なので、水には溶けない。 肌なじみが良く、エリモント効果や保湿効果があり、肌を乾燥から守ってくれる働きがある。 そのため、クリームや乳液など基礎化粧品に使用される。 また、コレステロールの代用品として、乳化安定剤の役割を果たす。

口コミ・コメントを投稿する