ビーグレンってどう? » ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリル

ヤシ油やパーム油などから得られる物質で、ステアリン酸とグリセリンで構成されている界面活性剤で乳化剤として利用されます。 ステアリン酸グリセリルは、食品にも利用される安全性の高い親油性界面活性剤であり、水分と油分を乳化し、品質を安定に保つために用いられます。腐敗や酸化もされにくい。 皮膚に柔軟性とうるおいを与える成分である。栄養クリーム、スタイリングワックス、リンス、モイスチャーローション、パック剤、メイクベース、ボディーマッサージ用クリーム、石けんなど幅広く利用されています。 指定成分ではないことから、無添加化粧品やエイジングケア系に配合されることが多い。 原料は天然由来だが、合成界面活性剤であると明記している化粧品もある。

口コミ・コメントを投稿する