ビーグレンってどう? » スクワラン

スクワラン

スクワランは、深海鮫の肝臓から採れる肝油の主成分=スクワレンに、化学的に水素を加えて安定させたもの(酸化しにくい状態にしたもの)です。深海鮫肝油由来のスクワランは、50年以上の間、多くの人に使われているものです。 最近では、純度99.0%以上の高品質のものも多く出回ってます。高級化粧品などの原料となるスクワランもこの鮫肝油由来のスクワランがほとんどです。オリーブなどの植物から採れた植物性のスクワランも近年利用され始めました。 スクワランの特徴は、一般的クリームとは違いでは皮膚呼吸を妨げる心配がないことです。 例えば金粉を全身を塗り、皮膚呼吸を止めてしまうと人間は1時間ほどで 気を失ってしまいます。 皮膚呼吸は皮膚の健康・生命維持に大変重要な役割を担っています。 もう一つの特徴は酸化や変質の心配がほとんどないため化粧品成分の中でも最も早くから安全性が認知されています。

口コミ・コメントを投稿する