ビーグレンってどう? » グリセリン

グリセリン

無色透明でシロップ状の甘みのある無臭の液体。 グリセリンには、ヤシの実などの「油脂」を原料とした天然グリセリンと、石油を原料とする合成グリセリンがある。 天然グリセリンは油脂を加水分解して得られる水溶液を精製、濃縮し粗製グリセリンを製造。さらに蒸留、精製して商品化する。 水に非常に溶けやすい(=吸湿性が強い)特徴があり、その保水性を生かして、グリセリンは保湿剤として化粧品などに幅広く利用されている。肌を柔らかくし、しっとりとした潤いを与える効果があります。そのほかに水彩絵具にもよく使われる。 また、毒性がほとんど無いことから、医療分野では利尿薬、脳圧降下薬、浣腸液、目薬など様々に用いられる。 グリセリンは、高等植物や海草、動物などにも広く含まれ、人間も皮下や筋肉などに「脂質」というかたちで蓄えられている。 グリセリン骨格の3個の水酸基すべてに脂肪酸がエステル結合した物が「脂質」あるいは「油脂」とよばれている。

口コミ・コメントを投稿する