ビーグレンってどう? » カミツレ花エキス

カミツレ花エキス

キク科植物のカミツレの花から抽出され作られたエキスでカマズレン、アズレン、ビサボロール、フラボノイドなどを含んだ成分です。 淡黄色、赤褐色、緑褐色あるいは褐色の液体でわずかに特異臭があります。 カミツレの花は別名であるカモミールと呼ばれることが多い。 一般には保湿や皮膚のコンディションを整える目的で、スキンケアを中心に配合されている。 メラニン色素の生成を抑制する働きでシミ、ソバカスを防ぐ効果があるので美白効果を目的とした紫外線防止、日焼け後のお手入れ用の化粧品に配合されている。 他に、解毒作用もあるため、抗炎症・創傷治癒促進、殺菌・防腐・傷の治癒に利用されており、肌荒れ防止の化粧品や、フケやかゆみを防ぐ目的でシャンプー・コンディショナーにも良く利用されている。

口コミ・コメントを投稿する