ビーグレンってどう? » カプリン酸グリセリル

カプリン酸グリセリル

カプリン酸グリセリルとは、脂肪酸であるカプリン酸とグリセリンのモノエステルの事。 ヤシ油脂肪酸のカプリン(カプリル)酸とグリセリンから作られた油性成分で、皮膚への油分補給が目的で配合されている。 肌への刺激が少なく、エモリエント効果や保湿効果、乳化作用があるので、皮膚の乾燥を防ぎ、しっとりと柔軟性のある皮膚に保つために使用される。 酸化しにくい油脂であることから化粧品や医薬品など幅広く使われている。

口コミ・コメントを投稿する