ビーグレンってどう? » アスコルビン酸

アスコルビン酸

レモン、オレンジなどの果実や野菜などに存在しているビタミンCのことで、白色の板状あるいは針状の結晶性の粉末である。 アスコルビン酸には強い抗酸化作用があるので、日焼けによるシミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きをします。 また、老化を防ぎ、コラーゲンの生成や、メラニンを抑制する働きもあります。 アスコルビン酸が不足すると、しわが増え、肌荒れをおこしたり、抜け毛が増えたりするようです。 アスコルビン酸は長時間、体内にとどまらないので、毎日、数回に分けて摂取することが効果的である。食物から摂取する場合は過剰摂取の心配もないと考えられている。

口コミ・コメントを投稿する